シェアできます(=^・・^=)

ティンバック2のメッセンジャーバッグは高性能、高コスパで使いやすさ抜群!

シェアできます(=^・・^=)




どうもねこのんです!(=^・・^=)

暑くなったり雨降ったりムシムシしたり変な夏ですね。。

夏といえば「サコッシュ」

サコッシュで夏をスマートに過ごそう!おすすめサコッシュをご紹介!

↑上の記事でも書きましたが、夏には手軽なサコッシュがおすすめ。

ねこのんも愛用中のジムマスターのサコッシュ。おすすめです。

このブログもありがたいことに読んでくださる方が増えており嬉しい限りです。そんな中でも記事の反応がいいのが

小さいのに機能的なティンバック2のクロスボディバッグがサコッシュっぽくて夏にもおすすめ!

こちらの記事。紹介しているのがメッセンジャーバッグの老舗「TIMBUK2」のショルダー。

[ティンバック2] Page Crossbody というシリーズのバッグです。

大きさ的には気持ち大きめのサコッシュくらいですが、機能性抜群なのもあってかよく見て頂いてます。ぜひ上記記事も見て頂ければと思うのですが、今回はせっかくなのでティンバック2の他のバッグもご紹介していきたいと思います!




TIMBUK2

前回も紹介しているので詳細は省きますが、元はメッセンジャーバッグが人気のサンフランシスコのバッグブランドなので、メッセンジャーも紹介したいと思います!

クラシックメッセンジャー

ティンバック2のメインともいえるシリーズがクラシックメッセンジャーです。

①カラー

色々なカラーバリエーションが出ており、シーズンによっても違ってきます。2色、3色カラーのものも出ていたり、公式サイトではカラーをカスタマイズすることもできます。しかも、日本で売っているのはベトナム産が中心ですが、カスタマイズはサンフランシスコの工場で作ってくれるというより特別感があります。

自分好みのカラーが選べるのはいいですね!これもティンバックの魅力で、色によって仕事からプライベートまで同じシリーズでも使い勝手が変えられます。

②サイズ

このクラシックメッセンジャーはサイズ展開もXS、S、M、ものによってはLサイズもあります。

アメリカサイズなのか、Sサイズでも結構大きめです。公式サイトでもSサイズが

高さ約27cm×トップ幅約41cm×ボトム幅約35cm×奥行き約13cm

となっています。逆台形みたいな形なのでトップ幅が41cmもあるのでSでも普段使いするには十分なサイズ感です。

XSでも必要最低限なものは軽く入ってくれるので、用途に合わせてサイズ選んであげましょう。

ちなみに↑こちらがXSサイズです。収納力も十分あります。

③耐久性・重量

まずは耐久性。生地にはコーデュラキャンバスを使っており、多少のことで破れたりはしません。メッセンジャーバッグですからね、耐久性はばっちりです。雨などもはじいてくれます。

生地が強いとどうしても重くなりがちですが、メッセンジャーバッグの中では機能性がありつつも比較的軽量です。

ここでちょっとアメリカのメッセンジャーバッグブランドで比較してみたいと思います(=^・・^=)サイズ感は大体同じものでざっくり比較です。

バッグのブランドに詳しくなくてもまず見たことあるであろうブランド
「マンハッタンポーテージ」

Manhattan Portage 公式 VINTAGE MESSENGER BAG(LG)

人気ブランドなのでこのロゴは見たことある人も多いと思います。知名度は抜群にありますね。ブランド力は高し(=^・・^=)

このサイズで重量が500gほどなので軽さは抜群です。生地もコーデュラナイロンをしており丈夫です。しかし機能性はあまりありません。中にポケットが一つある程度でマジックテープのかぶせなので、本当にシンプルな作りです。カラーもブラックとネイビーが主体です。ちょこちょこ限定カラーは出てきますが、好みは分かれますね。価格も1万円前後。

自転車乗りなら外せないブランド
「クローム」

CHROME Heritage Citizen

検索エンジンではありません。クローム。ねこのんは正直バッグに関わるまで知らなかったです。まぁティンバックも知らなかったですが。。自転車乗りならまず知っているブランドです(=^・・^=)

写真のはクロームの中でも人気シリーズのシチズンです。ロゴが印象的。重量が1100gほどと結構重めです。バックルにはシーロベルトにも使われるしっかりとしたものが使用されており、生地はコーデュラナイロン仕様、内側にはターポリン加工もされており、耐水性も非常に高いです。その分重さが出ています。重厚感もあるので小柄な人にはあまり向かないかもしれません。内側のポケットなども充実しています。カラーは色々あります。価格が15000円前後。

マンハッタンポーテージとクロームは同じメッセンジャーでもターゲットが正反対くらい違いますね。美女と野獣的な(笑)

そんな中「ティンバック2」はどうなのか。
ねこのん的勝手な見解ですが、ちょうど2つのブランドの間を取ったようなバランスのいいメッセンジャーバッグという感じです。

重さは900g位。コーデュラのキャンバスなのでマンハッタンポーテージやクロームに比べて少し柔らかさがありますが、耐久性は変わらないです。内側のポケットやペットボトルホルダーも完備。カラーはとても豊富で、価格は10000万円前後。

ティンバック2の魅力は普段使いでもガチに(たくさん物を運ぶ、悪天候など)使いたいときにでも活躍するバランスの良さですね。どれが良い悪いというより、いろんな人が使いやすいというのが素晴らしいなと。

④機能性

最後に機能も見ておきましょう。③で色々言っちゃいましたので簡潔に。

メッセンジャーバッグとして大切なのは身体へのフィット感。あくまでも自転車やバイクに乗りながら使用するということは普通のショルダーバッグのように、ぶらぶらすると困るわけです。

ティンバック2のメッセンジャーには独自のCAMバックルが使われており、背負った時に片手で簡単にベルトの長さを調節できます。背負っているときとバッグを使いたいときもスムーズに使いこなせるのがティンバック2の良さですね。

以上がティンバック2のメッセンジャーバッグの紹介です。シンプルにショルダーバッグお探しの方も検討の余地はありだと思います!

ついでにもう一つ、ティンバック2のバックパックもご紹介しておこうと思います!

ロビンパック

[ティンバック2] Robin Pack ロビンパック

反射性もある防水性の高いバックパックです。マグネット式で簡単にはめられる開閉になっています。そのままでも防水性がありますが、さらにレインカバーなどもついており雨の日は安心。

ポケットなども充実しており収納性も高いので、使い勝手がよくデザイン性もあるのでおすすめです!

他にもおすすめのティンバック2たくさんありますのでぜひチェックしてみてください!

シェアできます(=^・・^=)

気になる

気になる情報(=^・・^=)