シェアできます(=^・・^=)

山でも街でも映えるリュックが欲しい!

シェアできます(=^・・^=)

ども、ねこのんです。

バッグがどんどん増えていくねこのんです。

今年に入って、2つはバッグが増えました。それでもまだ欲しいバッグもあります。

使うシーンに合わせてバッグを変えたいのです。色々なの持っているけど、今欲しいのは登山用のバッグです。

スポンサーリンク

登山と普段使いどちらもいけるリュック

といっても、すでにもう持っているわけですが…

[ミレー] リュック マルシェ 20(MARCHE)

とってもお手頃に買えたミレーの定番マルシェです。

軽くて機能性抜群で日帰り登山なんかで使うなら間違えのない逸品です。しかもしっかりした作りなのにお手頃だからありがたい。

普段も使えてお勧めできるリュックではありますが、マルシェは結構女性が使っているイメージも強く、登山以外ではあまり使いません。

少し高めの山なんかに行くと登山してる感のでる被せ系の大きめリュックに憧れたり(ミーハー)

でもガンガン登山に行くわけでもないから普段もできるのが良いという贅沢なものを探しています。

サイズは一泊くらいまで対応できそうな30Lくらいが理想です。

日帰りでも、カメラやバーナー、温泉の後の着替え(重要)など持っていくとミレーマルシェだと結構ギリギリです。

二刀流!30Lくらいのトレッキングリュック

山でも普段使いでもいけるリュック。普段使いとなれば、大きくても30Lくらいまでかと思います。

それ以上になると明らかに大きいので普段使いには的さないですね。

普段使い寄り ミレー クーラ30

[ミレー] リュック クーラ 30(KULA)

こちらもミレーの定番クーラです。

クーラシリーズは20Lのデイパックサイズや40Lという大型のやつもあります。

その中間サイズがちょうど30Lです。パッと見るとスッキリしたフォルムで30Lもあるように見えませんが、マチも結構広く高さもあるのでたっぷりと収納が可能です。

ニコンともコラボしたカメラ収納付きのクーラもあり、実はずっとそれが欲しいねこのんです。そろそろ売り切れてしまいそうな…

背面やショルダーハーネスなど背負い心地はさすがと言えますし、ミレーの定番ハンドレストも付いています。レインカバーも付属しており、アウトドアなんかでももちろん活躍してくれるリュックです。

ただし、やはりタウンユースや旅行を意識した細かい収納やジッパーには南京錠が付けられる防犯使用などもあり、デザイン的にもがっつり登山というタイプではないのは事実です。

1つ目の兼用リュックとしてはかなりお勧めできるミレーのクーラです。

普通に欲しいリュックですが、登山メインで考えると悩むねこのんです。。

この雰囲気のリュックはパタゴニアやカリマー、マムート、ノース…色々な登山系ブランドでも結構あることはあります。

登山寄り ノースフェイス エフピー25

[ザ・ノース・フェイス] リュック エフピー25

登山寄りと書きましたが、サイズは25Lと日帰りでは十分足りますが、30Lサイズに比べるやや物足りないか…

ハーネスが特徴的でベスト型で背中の高めの位置で背負うことができ、バインディングテープを使った肌触りいいハーネスです。

ハーネスについているメッシュポケットはボトルなども入れられる大型で、山行には非常に使えます。便利ですが普段使いだと大きいハーネスだなって見えちゃうかもしれません。

本格的な登山バッグの普段使いしにくい点はウエストベルトが大袈裟なことです。登山では安定した歩行のためにも必須ですがら、街で使うと目立ちますね。その点、このエフピー25はウエストベルトが取り外しできるので、街で使う時は外したりしてよりスマートに背負うことができます。

フロントにはジャケットなどを入れられる大きめポケットなどありますが、小物のポケットはあまりないので、ハーネスやウエストのポケットを活用するといいですね。

あと、サイドファスナーがあるのも普段使いには便利です。

軽量な作りで登山で使える機能は満載です。普段使いでも目立つこともなくサイズに納得がいけばこれがかなり候補な感じ。

《こちらも》

[ザ・ノース・フェイス] リュック テルス25

ノースのテルスシリーズもトレッキングバッグの最初の1つには最適。こちらもウエストベルトが収納できてスッキリします。

更新中

スポンサーリンク

シェアできます(=^・・^=)

スポンサーリンク