シェアできます(=^・・^=)

FULLCLIP-フルクリップのバッグが魅力的。釣り用だけではないその実力とかっこよさをチェック!

シェアできます(=^・・^=)

ども、ねこのんです!

暑い日が戻ってきた今日この頃、バッグくらい軽やかに使いたいものです。

軽くて使いやすいバッグ

かつ

丈夫さやデザインも備えていてほしい

そんなときに、おすすめなバッグブランドをご紹介!

フィッシングバッグ フルクリップ

ねこのん釣りはしませんが、ねこなので魚は好きです(=^・・^=)

はい。

釣りをやる人ならよく知っているブランドなのかもしれませんが、今回ピックアップするのはフルクリップというブランドです。

フィッシングバッグと言っても、日常使いできるタイプのバッグもたくさん作っています。しかも、全部日本製で、縫製などもとてもしっかりしています。

釣りだってアウトドアですから、それだけのこだわりやつくりがないと確かに使えないですよね。

そしてヤボったくないスタイリッシュなスタイルのバッグもたくさんあります。

素材やデザイン、軽くて丈夫、色々な魅力がありますが、まずはバックパーツでもあるショルダーベルトのご紹介。

フルクリップ ジェットグライド

FULLCLIP フルクリップ JETGLIDE LJ38 ジェットグライドLJ38 特許取得済 ショルダーベルト ストラップ 革付属 38cm幅 コヨーテ FSD-013-CYT

フルクリップが出しているショルダーベルトのご紹介です。

このジェットグライドはフルクリップのショルダーバッグなどにも使われている特許を取得しているショルダーベルト。

特徴は、簡単に長さが調整できて、しかも余ったベルトが垂れ下がらない。

ベルトにドローコードが付いており、バッグを背負った状態でこのドローコードを引くことによって、片手で簡単にベルトの長さが調整できます。

いわいるメッセンジャーバッグのように身体にバッグ本体を密着でき、緩めるのも簡単。密着することで身体への負荷は減りますね。

さらに特徴的なのは、メッセンジャーバッグ系のショルダーベルトは短くするほどベルトが余り、垂れ下がってきます。結構邪魔ですよね。

このジェットグライドはそれがないので、ベルトを長くしても短くしてもスマートです。

付け替えできるショルダーバッグなら使えるので、変えてみてもいいかもですね。

フルクリップ トリッピン RW

FULLCLIP フルクリップ TRIPPIN RW トリッピン 舟形 ショルダーバッグ カジュアル エックスコヨーテブラウン FSD-025-XCYB

フルクリップの普段使いにぴったりなショルダーバッグ。もちろんショルダーベルトはジェットグライドを使っています。

そして魅力的なのは、その軽さ。手軽に使うのに最適です。軽さの要因はX-PACを使った生地。

コーデュラナイロンなどを使ったやつもありますので、購入時に素材のチェックは忘れずに。最近のフルクリップのバッグはX-PACを使ったバッグが増えてます。というかバッグ業界でも今増えてきてますね。

X-PAC エックスパックとは?

アメリカの会社、DIMENSION-POLYANT(ディメンションポリアント)社が開発した素材。ヨットの帆であるセイルクロスの世界シェアNo.1の会社です。

X-PLYというポリエステル糸をエックス字に組んだ素材を、生地と生地の間に挟んでいます。バッグの生地をよく見るとわかりますね。

表生地にこのX-PLYとポリエステル素材を2層重ねることで、非常に防水性を持ち強度が高い生地に仕上がります。

強度が高いというと、バリスティックやコーデュラなどが思い付きますが、素材としても重さがまったく違います。

X-PACはめちゃくちゃ軽量です。

その機能性からアウトドアブランド中心に使っているブランドが増えています。

さて、X-PACのすごさがわかったところで、フルクリップの他のバッグも見てみましょう。

フルクリップ フリゲート CB

トリッピンより大型なショルダーバッグ。7Lほどのサイズ感があり、開閉部がとても大きく開きものの出し入れがしやすいです。止水ファスナーも使っており、防水性もそこないません。

ショルダーベルトはもちろんジェットグライド使用です。縫い付けタイプです。

軽くてしっかり物を運びたいかたにおすすめです。

フルクリップ ラフカット

FULLCLIP フルクリップ ROUGH CUT ラフカット ショルダーバッグ メッセンジャーバッグ カジュアル エックスコヨーテブラウン FSD-028-XCYB

ねこのん的にちょっと欲しいのがこのラフカット。

小型メッセンジャースタイルで、普段使いに最適。

本体前面、背面、底の芯材に緩衝材が入っており、型崩れしないので物の出し入れもしやすいです。

被せ型のショルダーですが、さすが良くできてると思うのは、被せたときにバッグ左右に隙間ができないところ。

被せの内側にファスナーなどはないので、よくある被せショルダーだと隙間ができがちですが、このラフカットはきれいに被せが本体にかかるので隙間から雨などが入りにくいです。

更には、背胴側にファスナーが付いており、被せを開けずにファスナーから内部にアクセスもできます。

非常に良くできており、スタイルも崩れないショルダーバッグです。もちろんジェットグライド搭載で、軽さも申し分ないです。

フルクリップ ヘッドファースト

フルクリップのリュックもあります!

ヘッドファースト(リンクなかったので検索してください…)もX-PACを使った軽量で丈夫なリュック。

550gしかないのに、15Lくらい入る充分なサイズ感。ロールトップなので、それ以上に入れられなくもないです。

サイドファスナーからのメインルームへのアクセスも可能で使いやすく、小物ポケットなどもしっかり備えています。

ショルダーバッグではないですがジェットグライドの様に、クイックリリースシステムによって、ベルトの長さが簡単に調節ができます。

ちなみに価格は公式で税込18,144円です。日本製でこれだけの機能と素材を使っていてこの価格は正直安いと思います。

おすすめです!

フルクリップの魅力!

今回はX-PACを使ったものだけご紹介しましたが、他にも色々と作っています。

トートバッグなんかもあれば、コーデュラや高密度ナイロンを使ったものなど、魅力的なバッグが多数あります。

日本製で丈夫だけど、水にも強い。その上軽くて使いやすいものが多く、しかも価格も手頃。見た目もかっこいい。

縫製など見ても丁寧で、魅力的過ぎるバッグです。

ねこのん的に今一番気になるブランドかも。ぜひチェックしてみてください!(=^・・^=)

フルクリップ

シェアできます(=^・・^=)

スポンサーリンク