シェアできます(=^・・^=)

旅行に行く前に知っておきたい!スーツケースの選び方!【その2】種類編!ハード?ソフト?

シェアできます(=^・・^=)




カップ焼きそばに買ってきたお肉を焼いてたっぷり乗せて食べたねこのんです。

おいしかった!(=^・^=)お野菜もたべましょう。コーン食べた。うん。

そんなわけで、おなかもいっぱいになったところで

スーツケース選び【その2】!
旅行に行く前に知っておきたい!スーツケースの選び方!【その1】サイズ編!機内持込や預入サイズは?

↑大きさは宿泊数や飛行機を使うときは持込サイズなども加味して決めるのが良いというお話でしたが、

サイズを決めてもまだまだ考えなければいけないことがあります。これから見て行ってみます!

スーツケースの選びのポイント

旅行でスーツケースを使う理由は当然持ち運びしやすいからですよね。1週間分の荷物を入れたボストンバッグ持ち歩くの大変です。。

じゃあキャリー付いて引っ張れればいいなら、キャリーカーにボストンバッグ乗せればいいだけですからね。それじゃ足りないのだ!

ねこのんのスーツケースも空港で投げられて傷ついたってとりあえず中のものは生きてました(笑)

そう、あのスーツケースの箱感は結構大事なのです。箱感は専門用語ではありません(笑)

ビニー・ル袋と段ボールに大事なものを入れるならどちらがいいかというお話(=^・・^=)

サイズは持っていくものに合わせるしかないですが、それ以外のスーツケース選びのポイントは

●軽さ
●耐久性
●価格

そして、前回お伝えしたサイズになってきます。その次に機能なども加わってきます。

ハード?ソフト?

まずスーツケースは大きく分けて2つ

●ハードケース
主にプラスチック系の硬い素材で作られているものですね。
雨に強い、中の荷物をしっかり守ってくれるなどのメリットがあります。
開いたときケースの両方に収納する形になるので、荷物の整理はしやすいです。
ソフトケースに比べると重くはなりますが、最近では軽くて丈夫なものもたくさん出ています。
・フレーム式
開閉部分にフレームが入っているもの。アルミなどの金属でできているものですね。
・ファスナー式
開閉部分がファスナーになっているもの。フレームがないので軽量になるのが特徴です。

●ソフトケース
ナイロンやポリエステルなど柔らかい素材でできているスーツケース。
キャリーケースと呼ばれたりもします。
大きい荷物などの収納はしやすいですが、中の整理は少ししにくいです。
ハードケースよりは軽量で持ち運びもしやすいのがメリット。

種類とその特徴はこんな感じ。

どちらがいいかは一概には言えませんが、日本人はハードケースを好む傾向があるため日本で売られているスーツケースもハードケースの方が多いです。
外国の方はソフトケースの方が多いそうです。日本人の感性なんですかね。がっちりしてるという安心感いうか。
それに軽量が売りだったソフトケースも、ハードケースの軽量化でそのメリットが薄くなってきているとも言えます。
日本ではハードケースの方が選択肢は多いので、ハードケースの方が色々選べておすすめですね(=^・・^=)

フレームかファスナーか?

ではハードケースの中でもフレームとファスナーに分かれますが、これもどっちもほうがいいのだという問題が…

こちらこそどちらとは言い切れないものがあります。

軽さで見ると…ファスナー
やはりフレームは金属を使っている分どうしても重くなります。軽さを重視するならファスナーですね。
飛行機に乗せるときも前回お話しした通り重さ制限がありますので、大きいフレーム式スーツケースだとそれだけで9kgくらいになるものもあります。
せっかく安いスーツケース買ったのに重くて超過料金かかった!ってなるのももったいないですよね。

丈夫さで見ると…ややファスナー
「え?フレームじゃないの?」って思われる方も多いですが、フレーム式は衝撃をまともに受けてしまいます。
その分割れたりゆがんだりすることもあります。
それに比べてファスナー式は衝撃を吸収するので、スーツケース本体は壊れにくいです。
ただし、ファスナー部分はフレームよりは強度が低いです。特に安物は注意が必要です。

価格で見ると…ファスナー
やはり金属よりはファスナーの方が安くなります。

おいおい、これではファスナー一択ではないか!って感じですね。
ファスナーよりフレームの方が勝っていることはないのか?ということなんですが、もちろんあります。

・中身の保護力…割れ物などをスーツケースに入れて運ぶときはゆとりがないフレーム式の方が安心です。
・セキュリティー面…ファスナー式はカッターなどで切ってしまうこともできるため、フレームの方が安心です。
…とはいえ、壊されるにしても大抵は盗まれてから人目のない場所で壊されるので、そう考えるとどっちでも変わりないかもしれません。

あんまりフレームのメリットじゃないですね。。一番いいかなと思うことは、

・開け閉めのしやすさ…荷物を入れたスーツケースのファスナーを一周閉めるのは意外と面倒だったりします。
フレーム式だとバタンと閉めてロックをかけるだけで完了です。

ファスナーかフレームかは使うときのことを想像しながら、使いやすそうな方を選択するのが良いかと思います。
ここでの結論は、軽さもあって、耐久性もあり、価格的にも安い ということでファスナーハードのスーツケースが一番おすすめできそうです

んじゃそれで(=^・・^)60Lノデ

まてまて!むしろここからが大切!

あくまでもここまでは全体の話。

スーツケースも作っているメーカーによって機能や性能など様々です。高いものがいいとは言いませんが、ノーブランドなどの激安ものは注意が必要です。旅行中に破損して困った…なんてことにもなりかねません。特にスーツケースの破損率は空港で壊れる可能性が実は一番高いとも言えます。

その辺も含めて、次回はメーカーやその機能なども見ていきたいと思います!

まだまだ奥が深いな!

シェアできます(=^・・^=)

気になる

気になる情報(=^・・^=)