シェアできます(=^・・^=)

Topologie(トポロジー)のバッグがかっこいい!人気のチョークバムバッグからブレスレットまでファッション性も抜群!

シェアできます(=^・・^=)

ども、ねこのんです!

今回は最近よく耳にするようになったバッグブランドをご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

Topologie トポロジー

「トポロジー」は2018年に生まれたとても新しいブランド。創設者であるCarlos Granon(カルロス・グラノン)はロッククライミング好きで、そのクライミング用品の性能を日常に取り入れられるようにバッグやブレスレットを作っています。

トポロジー チョークバムバック

話題になって品切れの多いこのバッグ。クライミングやボルダリングをする人ならピンとくるバッグをモチーフにしています。名前の通りチョークを入れるためのバッグ。手が滑らないようにする滑り止めのチョークを入れるためのものってことです。

これを腰につけて登るわけですね。あんな絶壁登れない…

取り外しのできるショルダーベルトも付いた小物袋って感じでしょうか。人気のミニショルダー感覚でも使うことができます。もちろん腰のベルトに付けることも可能。

上部を折り畳んでフックで閉めることもできますが、上部にワイヤーが入っており、外向きに折り畳むことで筒状のポケットのように使うこともできます。サッと物の出し入れをしたい時にも便利ですね。まさにチョークバッグ。

コンパクトに見えるシルエットですが、イメージ以上に物が入れられる作りになっています。iPad miniくらいなら入れられてしまうサイズとマチもあります。

ウォッシュドナイロンを使い撥水性もあり、耐久性もある生地になっています。金属もアルミを使うなどバッグの重量は85g程度と超軽量です。

日常に取り入れやすいアウトドア感覚をもったバッグと言えますね。

トポロジー マルチピッチバックパック

トポロジー バッグ マルチピッチバックパック スモール

バッグパックもあります。マルチピッチ。サイズはSとLの2サイズです。

Sサイズで19Lはあるので普段使いにはSでも十分だと思います。13インチのパソコンも収納可能です。すっきりとしたデザインとフォルムが特徴的ですが、まずは軽い。350g程度とリュックとは思えない軽さです。その割にはハーネスなどはしっかりとパットも入っており背負い難さもありません。

ハンドルもクライミングで使うスリングベルトが使われています。側面から縫い付けていることで、ハンドルで持った時もバッグが揺れにくいというメリットが生まれています。

素材はチョークバムバックと同じくウォッシュドナイロンを使い、ファスナーは止水ファスナーになっています。防水性がより高くなっていますね。

内部にもパソコンや小物用のポケットもあります。背面にも定期など収納できるポケットが付いています。チョークバム同様、斜めの底が物をたくさん入れた時も重さを背中全体で受け止められるようになっており、重さを感じにくい仕様になっています。

ラージもあります。

トポロジー ブレスレット

せっかくなのでブレスレットもご紹介!これが結構かわいいです(=^・・^=)

大きく分けると

「KALYMNOS カリムノス」

伝統的なロッククライミングツールである、シャックル(U字金具)をモチーフに、クライマーの最終目的地のひとつ、カリムノス島(ギリシャ)の名前を冠したコレクション。繊細なレイヤードアクセサリーを毎日のスタイルにプラスできます。

「YOSEMITE ヨセミテ」

数多くのクライマーがチャレンジし、世界随一のクライミングエリアのヨセミテ(アメリカ)に、敬意を表し生まれたコレクション。ロッククライミングで使用されるプーリー(滑車)をモチーフにしたバックルに採用。日々のファッションにパワフルなスタイルを与えます。

という2種類にわかれます。

トポロジー ブレスレット カリムノス

カリムノスの方がかわいい感じで

トポロジー ブレスレット ヨセミテ

ヨセミテはかっこいいって感じですかね。

カラーもたくさんあるのでお気に入りを見つけてみてください。ファッションの程よいアクセントになっていいですね(=^・・^=)

スポンサーリンク

シェアできます(=^・・^=)

スポンサーリンク