シェアできます(=^・・^=)

実は万能なトートバッグ!おすすめブランドは?選ぶときのポイントも。

シェアできます(=^・・^=)

ども、ねこのんです。

ムシムシする時期です。本格的に暑くなるのがこわいです。。

暑いの嫌い…

近年、バッグはカジュアルでもビジネスでもリュックが中心になってきています。

小さめならサコッシュやウエストバッグなどが多いですね。

リュックは両手が空いて便利ですが、暑い時期は背中に熱がこもります。

メッシュ素材や背中を立体的にして空間を空けているものなど色々出ていますが、やはり暑いものが多い。

小さいサコッシュやウエストでは容量が足りないし、ブリーフだとオフの日は使えない…

そんなときバランスが良いのがトートバッグ。

最近ではリュックブームも落ち着いて、トートバッグの反応が良くなっている気がします。

オンでもオフでも!トートバッグの万能性

今回取り上げてみたいのはトートバッグそのもの。自分の用途に合わせて選べば通年通して活躍してくれるバッグになりますよ!

トートバッグとは?

そもそもトートバッグのトートは英語で「tote」と書き、「運ぶ、背負う 」などの意味があります。

まさに物を運ぶためのバッグと言うことです。

今トートバッグと言われるバッグは、持ち手であるハンドル部分が長く、本体は逆台形のような形をしているもののことを言うことが多いです。まぁ本体の形は色々ありますが、普通のブリーフバッグなどと比べてもハンドルが長いものをトートバッグと言っています。

[エルエルビーン] トートバッグ 112636MEDIUM(R) GREEN CAMO [並行輸入品]

トートバッグの代表格とも言えるのはL.L.Beanのキャンバストートですね。

1944年に氷を運ぶためのバッグとして作られて以来、その丈夫さなどから一般でも使われるようになり、今でも販売されているバッグです。

トートバッグのベースがこのスタイルになりますね。

オンオフ問わないトートの魅力

なぜこのトートバッグがオンでもオフでも使えるのかと言うと、やはりそのスタイルからです。

もちろん色々な形や素材、デザインの物があるので、一概には言えませんが、ビジネスよりのトートバッグならオフの日のきれい目スタイルに使うことは十分にできます。

例えば、ねこのんも同シリーズを愛用しているポーターのリフトシリーズのトートバッグ。

ポーター(porter)・リフト・トートバッグS (ブラック)

高密度のナイロンツイル生地で高級感もありながら、カジュアルでも使えます。

このトートのスタイルは男女も問わないとてもバランスの良いバッグです。

スポーティ過ぎるスタイルじゃなければ何でもマッチしてくれます。

トートバッグは多くのものがブリーフに比べると、柔らかさがあり丸みを帯びたデザインが多く、ハンドルの長さも少しカジュアルさを引き出してくれるので、オンオフ両兼で行けるものが多いのです。

どちらでも使いたいならビジネス寄りトートを選ぶのが吉です!

トートバッグの使い方

使い方なんて、荷物入れて持つだけなのですが、持ち方も色々あります。

普通に手持ちするスタイル。

ベーシックに使うにはこれが一番。暑い日も身体に密着しないし、バランスののせいで暑くなることはないですね。

ただし、手持ちしたい人は腕を下げたときにトートが床に付かないかきちんと確認しましょう。

ハンドルが長い分、床に付きやすいですし、腕が長く足の短い人は致命的(笑)

ハンドルの長さを調整できるトートもありますので、探してみると良いですね。

[ソロ・ツーリスト] トートバッグ35 TO-35 ブラック

こちらのソロツーリストのトートバッグは、ハンドルの調整が可能。さらにリュックベルトもついており、リュックとしても使えます。

コンプレッションベルトでのサイズ調整、多くのポケットなどかなり多機能で、A3サイズも一応入ります。メイン使いからサブバックとしてまで使えるトートバッグです。

こう言ったハンドル調整出来るものは便利ですね。

肩にかけて持つ。

トートバッグの持ち方として、多いのは肩にかけて持つ方法もあります。

手持ちと違いある程度長さがないと腕が通らないので、長さを調整できるものは便利です。長すぎても肩から落ちやすくなりますしね。

きちんと肩にフィットしてくれると、両手も使えたりするのでリュックやショルダーバックほどじゃなくても、手が空きやすいのはいいことですね。

おすすめトートバッグ

トートバッグも様々なブランドや種類があり、素材や機能もそれぞれ違ってきます。いくつかおすすめを紹介していきます。

ポーター フューチャー

(ポーター) PORTER トートバッグ [FUTURE/フューチャー] 697-05550 ブラック

前述したリフトのトートバッグもおすすめですし、ポーターも多くのトートバッグを出しています。選ぶのが難しいくらいですが、今回はフューチャーのトートバッグを紹介します。

フューチャーシリーズの良さは柔らかさのある素材感。高密度のポリエステルニットとポリエステルコーデュラオックスを貼り合わせた生地を使っています。

表生地のベースになっているニット生地がしなやかな柔らかさを出しており、ほどよい厚みもあるのでしっかりとした印象も持たせています。

非常に雨などにも強さのある生地になっていますね。

トートバッグでいうと、やや縦長よりの形でスマートさもあります。メインルームは隙間なくしっかりとファスナーが閉まる作りです。

前面にはバイアス調がアクセントになっている止水ファスナーポケットがあります。さらに背面にも大きく開くファスナーがあります。

そして、さらに魅力的なのはハンドルの長さが調整できること。しかもベルトには滑り止めも付いています。ついでに背面はメッシュになっているので、肩にかけて身体に密着させていても多少の通気性が保たれます。

男女ともに使えるサイズ感とデザイン性に機能を併せ持っているので、とてもおすすめです。

もちろんオンオフ問わずに使えますね。

オティアス 合皮トート

[オティアス] トートバッグ シュリンクタイプ合皮 CM

トートバッグというとレザーを使ったものも多いですね。ただいきなりレザーの本格的なものは…という方におすすめなこちらのオティアスの合皮トートバッグ。

価格が手頃でカラーも豊富なので、男女ともに使えます。何より見た目はかなり本革に近いです。この辺は合皮系のバッグをたくさん手掛けているオティアスの実力を感じます。

間口が大きく開き、マグネットで留まる仕様で出し入れは楽です。中にはホックで固定できるバッグインバッグが付いており、A4サイズのファイルまで収納できます。

使える機能をしっかり備え、安っぽさもないですが安い!

お試しのトートとしてもおすすめですね。

森野帆布 トートショルダー

男性向けにはなってきますが、森野帆布の2WAYトートも質実剛健と言った感じでおすすめです。

最強の帆布とも言える耐久性や防水性など併せ持ち、高級感も感じさせる森野帆布のトートバッグ。

重厚な見た目に見えますが、バッグ自体の重さは600g程度。とても軽量です。

さらにこのシリーズはショルダーベルトも取り付けできるので、ハンドルとの2WAYで使うこともできます。

日本製の質の高さと機能性で、この価格はかなりコスパが良いと言えます。間違えなくかっこいいので、ビジネスでも普段使いでもばっちり決まります。

ルートート Sac de travail

トートバッグを紹介するなら外せないブランドである「ルートート」。名前にトートってついてるし。

女性向きのバッグが多いですが、どれも手頃だけどしっかり機能性があり、服装に合わせて色々と選べる魅力があります。リピーターも多いブランドですね。

そんな中から今回紹介するのは、女性向けのビジネス系トートです。

素材がいくつかありますが、網目模様のタイプが一番落ち着きがあって、安っぽさも少ないかと思います。Ami素材はブラック、ネイビー、ブラウンと3色ありますね。

真ん中にファスナールームがあり、その両サイドにあおりポケットという非常に機能的な仕様です。

再度側面にはルートートのお決まりであるルーポケットが付いており、定期のような小物の収納にも便利です。

その他にもポケットなど収納はたっぷり。ショルダーベルトも付いているので、ショルダーバックとしても使えます。

価格を考えてもかなり高コスパと言えますね。さすがルートートです。

トートバッグは奥が深い

見た目は比較的シンプルなものが多いですが、非常に多機能で多様な使えるものも多いのがトートバッグ。

紹介したいものが思ったよりたくさん出てきて、また追加していきたいと思います。

服装の合わせ方次第で、どんなシーンでも活用できるトートバッグ。ぜひこだわって探してみてください(=^・・^=)

シェアできます(=^・・^=)

スポンサーリンク