シェアできます(=^・・^=)

通勤通学・帰宅ラッシュを快適に。満員電車の対策は?イスに座るコツ!

シェアできます(=^・・^=)




都内のラッシュは半端ない

なんとなく寝れないので、最近ねこのんが編み出した(大げさ)通勤帰宅ラッシュを少しでも快適に過ごせる方法をご紹介していきたいと思います。

ねこのんは転職する前はほとんど電車のラッシュとは無縁の生活を送っておりました。

仕事の時間がバラバラだったので。始発によく乗っていた時は、毎日同じ顔触れの方と長椅子に一人ずつくらい腰かけて、コーヒー飲みながらのんびり出勤していたものです。

眠かったけど。

今もそれほどラッシュに巻き込まれることは少ないのですが、都心に向かう電車には乗っているので、やはり混雑してギュウギュウになることもあります。

乗る駅も途中からなので、まず座れることはないです。

特に最近は4月入り(真面目に)通勤通学をされる方も増えているのか、なんか混雑していることが多いです(笑)でも…

停車駅で降りる人を見極められるようになってきた!

次の駅で降りそうな人の前に行けば、降りた後座れますよね。距離が長い時はこれが意外と助かるのですな。

①降りそうな人を見極めるコツ

基本的に始発駅じゃない限り、最初から座るのは諦めるしかないです。

だったら少しでも早く座りたい。座っている人が降りてくれればいいのです。

最もわかりやすいのは…

停車駅にある高校の制服を着ている高校生の前に立つ

まぁ間違えないです。もし寝てて起きなかったら親切に起こしてあげてもいいくらいです(笑)

とは言えこの方法、わかりやすいですが意外と遭遇しなかったり。。

あとは

降りる人を覚えておく

毎日同じ時間の同じ電車に乗るならできなくはないです。

ねこのんはややバラバラの時間に乗るのでこれもたまにしかありません。

途中から座るためには、「降りそうな人」というよりは

「降りなさそうな人」

の前を避けることですね。完全に寝ていたり、がっつり本やスマホなどでゲームや動画を見ている人などはやはり終点まで降りない人も多いです。

でもしっかり目を開けて何をするでもない人は途中で降りる人が多いです。

途中下車しないといけないという感覚から、満員電車だと特に降りるタイミングを失いたくないので、しっかり起きて外や掲示板を見ている人が多いです。こんな人の前はチャンス。

後は、本やスマホを片付けた人。

終点まで行く人は途中で片付けることはあまりないですね。片付けても寝ちゃう人とか。

片付けてしっかり起きている人は次の駅で降りていく可能性が高いです。

あとは服装によって、仕事に行くのか遊びに行くのかなど、乗り換え駅でわかれることも多いです。

乗り換えのタイミングで、オフィス立地や遊びに向かう場所など変化があります。自分の路線でこの服装ならこっちに向かうだろうという予測も立てられるので、その人の前に立つのも座る可能性をあげられます。

結局はいかに観察するかにもよりますが、この人こんな感じだから降りそう。とゲーム感覚で楽しんでおくと意外と座れたりしますね。予想が当たるとちょっと嬉しい(笑)

②始発駅で座るコツ

朝から通勤ラッシュも疲れますが、仕事を頑張った後の帰りの帰宅ラッシュの方がやはり座りたい…

しかも帰宅ラッシュは色んな人が入り混じることも多いです。酔っぱらってふらふらしている人とかもできたら近くにはいたくないですね。。

帰宅ラッシュでも途中駅から座るコツは上で書いた降りそうな人を見つけましょう。

ねこのんは帰りは始発駅から帰ります。なので大体2つ待てば確実に座って帰ることはできますが

疲れているから少しでも早く帰りたい!

というのが本音なので基本は待ちません(笑)

始発駅だと大抵整列乗車をしていると思います。

大体3列くらいで並んでいることが多いですかね。

この並ぶときにどこに並ぶかがポイントです!

すでに人がいっぱいで前から7,8列目になっているときは諦めときましょう…

しかし、5列目くらいなら意外と座れることも!

このときどの列に並ぶのか?

ねこのんが見つけたのは、

優先席がある乗り場の列に並びます。

もちろん優先席に座ろうというわけではありませんが、まずは列にお年寄りなど優先席に座る人が多そうな場合は特にです。

そして言い方は悪いですが優先席とか気にしなさそうなサラリーマンのおじさんみたいな人が多い時(笑)酔っ払いなんかも特に(笑)

そしてカップルや集団の塊がいる列

そして、並ぶ位置は優先席側と反対側。例えば3列で並んでいて、優先席が右側に来るときは、3列の一番左側に並びます。

帰宅ラッシュの始発駅は電車が来て扉が開くまでなんとも言えない緊張感があります(笑)

扉が開いて我先に座ろうという猛者たちがたくさんいるのです。

でもここは冷静に。

扉が開いて我先に座ろうとするので、優先席とか関係なく近い椅子に行きがちです。

あっでもここは優先席だ!乗り込んでから気が付きと躊躇する人が意外といるのです。

大体その辺でグダグダとなり後ろの人もグダグダと動けなくなり、優先席と反対側の列にならんでいたねこのんはスムーズに車内に入ります。これで意外と座れることが多いのです。

並んだとき後ろ側に来てしまうときは、あえて優先席のある列に並んでみるというのも一つの手なのです。

あとはカップルなど複数の組み合わせでいるときは、どうしても一緒に隣同士に座ろうという心理が働き、イスに座るときに悩んでしまうのです。

特に3人以上の時は、その人たちと違う席に向かうと座りやすいですね。

一人ひとりだとその人がどの席にいくかわかりにくいですが、集団がいるとほぼ同じ席側に向かうので、その逆はがら空きになりやすいのです。

以上がねこのん的電車のラッシュ時にイスに座る方法

でした!極めると意外と座れるのです(笑)

まぁ椅子取りゲーム感覚で楽しんでみましょう(=^・・^=)

ついでに、満員電車におすすめバッグは3WAY系のバッグですね。
ポーターリフトのように使う状況に合わせて、使い分けられるものが便利です。

バッグの持ち方次第では満員電車では迷惑になることもあるので気を付けましょう~

シェアできます(=^・・^=)

気になる

気になる情報(=^・・^=)