シェアできます(=^・・^=)

完全防水のバッグとは!Code10が防水も防犯も見た目もかっこよくで抜群な件。

シェアできます(=^・・^=)




どもねこのんです(=^・・^=)

良いお天気。関東も雪が降るらしいけどほんとかなってくらいです。

ねこのん雪は好きだけど、東京で降ると一瞬で動けなくなるからちょっと…雪国出身の人からすると何だよこの程度で状態が発生するわけです。

とりあえず車乗る方はスノータイヤかチェーン付けましょうね。

そして徒歩の方にもおすすめなのが…

コロバンド~ たったらったーたったー♪

(=^・・^=)つ◆

靴に付けられる滑り止めです。色々売ってるけど、付けやすいし、長持ちするし、変に目立たないし、ベストな子だと思います。一つ持っておくといいかも。




雪でも安心防水バッグ!

さてさて、コロバンドも装着し一安心。というわけにもいかないのが雨や雪の中。特に大切なものをしまっているバッグの中は心配ですね。

このブログでも…

防水?撥水?止水ファスナーって?雨に強いバッグとは!雨の日特集その1!アークテリクスやノースフェイスが人気!

雨の日が楽しくなる!雨の日特集その2!ノースフェイスはプロヒューズボックスがかぶらなくてかっこよくておすすめです

雨でもオシャレに!RAINS (レインズ)のバッグが防水にも優れていてオシャレで優秀!

雨の日の楽しみ方。音楽を聴きながら散歩に行こう!相棒におすすめのパタゴニアのバッグとパーソンズの名曲を。

防水系のバッグ記事は色々と書いてきていますが、そもそも防水の定義とは…

防水の定義にも等級がある

IPという防水(水の侵入に対する)の国際基準があります。IPとは『International Protection』の略です。日本のJISの基準とほぼ同じ規格になっています。

IPX3≒JIS3って感じです。バッグに対してこの基準で表示しているものはほとんど見たことはありませんけれど。。

IPX8 水中形 潜水状態での使用に対して保護されている
IPX7 防浸形 一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない
IPX6 耐水形 強力な噴流水に対して保護されている
IPX5 防噴流形 噴流水に対して保護されている
IPX4 防まつ形 水の飛まつに対して保護されている
IPX3 防雨形 傾斜60°の範囲の散水に対して保護されている
IPX2 防滴2形 傾斜15°の範囲で落ちてくる水滴に対して保護されている
IPX1 防滴1形 垂直に落ちてくる水滴に対して保護されている
IPX0 無保護 特に保護されていない

こんな基準が設けられており、スマホとか時計にはよく記載されていたりします。

普通に売ってるバッグでIPX8とかほぼないですね。一瞬浸かるくらいなら平気な子たち結構いますが。

いわゆる完全防水といわれるのはIPX5くらいからのようです。どんな方向からの水に対しても問題がないレベルって感じです。

そんなわけで今までご紹介してきた防水バッグもほとんどそれに近いものになりますが、今回も一つご紹介。

Code 10(コードテン)

Code 10 防水/盗難防止機能搭載ロールダウンスタイルバックパック (黒) [並行輸入品]

↑今いろんなところで見かけるようになったCode10というバックパック。上のリンクはAmazonですが輸入品なのでちと高いかも。見るだけでも良ければどうぞ。

Code10は英国とスイスのプロダクトデザイナー、チャーリーとクリスの2人で設立されたブランドです。二人は香港で出会ったそうです。旅行好きなお二人なんですね。そんな二人が今話題のクラウドファンディングで出資を募って作ったバッグがCode10です。

クラウドファンディングで人気になったバッグといえば

ボビーですね。この子もいまだ人気は衰えそうにない感じ。Bobby(ボビー)のリュックが超機能的で防犯性抜群ですごい!今話題のバックパック!

Code10の魅力①完全防水

先ほど防水の規格も説明しましたが、水につけて置けるかと言えば謎ですが、バッグを見た限りは水が入り込む要素はありません。

素材は100%防水TPU素材を使っていると謳っています。 TPUというのは熱可塑性ポリウレタンというプラスチックの1種で、熱で変形し、冷めると固まる性質を持っている素材です。

水には非常に強い素材になります。その上、バッグに水が浸みる要因の一つに糸の縫い合わせ部分から浸みるということが多いですが、このCode10は溶接による縫製をしているので縫い穴もなくできています。

トップはロールトップ式で上から水をかけても入り込むことはないですね。

メーカーが謳っている通り完全防水に限りなく近いといえると思います。従来の防水性の高いバッグより軽さもあるのも魅力です。

あとは、どの程度もってくれるのか。TPU素材は熱には弱いので高温の場所には不向きです。こればかりは使っていかないとわからないですね。

Code10の魅力②防犯性

ボビーの時もそうでしたが、海外における防犯の重要性は日本のそれ以上。最近はカギ付きのバッグなども多く出てきていますが、Code10にもワイヤー付きのダイヤル錠が付いています。

背中のところからワイヤー付きダイヤルが取り出せて、上部を手すりなどに固定してロックすることで盗難防止になり、中へのアクセスもできなくなります。

Code10の魅力③機能の多さ

防水や防犯機能はもちろん、まだまだ便利な機能がたくさんあります。

・15インチのPCまで入るバッグインバックは取り外しも可能

・スーツケースのキャリーバーにもセット可能

・リュックベルトは収納可能、ショルダーベルトに付け替えもできる

・背中やベルト面に小物を収納できるポケット多数

などなど、機能性の高さはバッグとして魅力的。

革新的なバッグが増えてきた!

このCode10なら東京の雪なんてへっちゃらでしょう。アウトドアでも使えるし、タウンでも使える。デザインもかっこいい。現代のニーズに合わせたバッグが最近たくさん増えてきていますね。これからどんなバッグが出てくるのか楽しみです(=^・・^=)

どんどんチェックしていきたいと思います!足元には気を付けて体調にも気を付けてお出かけしましょう!では!

シェアできます(=^・・^=)

気になる

気になる情報(=^・・^=)